本文へジャンプメニューへジャンプ

単元株式数の変更および株式併合について

 当社では、全国証券取引所からの要請をふまえ、2017年10月1日をもって、証券取引所における売買単位である単元株式数を現在の1,000株から100株に変更しました。また、これにあわせて、投資単位を適切な水準に調整するため、5株を1株とする株式併合を行いました。

1.実施内容について

1単元株式数の変更

単元株式数を1,000株から100株に変更しました。

2株式併合

当社株式5株を1株に併合しました。この結果、1,000株は200株となります。

上記12を実施した結果、当社株式1,000株(=1単元)は、200株(=2単元)となります。

2.株主の皆様に生じる影響

  • ご所有株式の資産価値への影響

    ご所有株式数が5分の1となりますが、1株あたりの会社の資産価値は5倍となりますので、
    ご所有株式全体の資産価値に変動はありません。

  • 配当金への影響

    配当金につきましては、2018年3月期の期末配当予想額を1株あたり5円から25円に修正しております。
    お受け取りになる配当金の総額に影響はありません。

    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 株主優待への影響

    株主優待につきましては、実質的な変更がないよう発行基準を改定しております。
    お受け取りになる株主優待の内容に変更はありません。

    詳しくはこちらをご覧ください。

  • 議決権個数への影響

    株主総会における議決権の個数が現在の2倍の個数になります。

  • 当社株式の購入金額への影響

    株式併合前と比較すると半分の金額水準で当社株式をご購入いただくことができます。
    (実際の購入金額は、株式市況の影響を受けて変動いたしますので、口座を開設されている証券会社にお問合せください。)

  • その他

    詳細につきましてはこちらをご覧ください。

▲ページトップへ

京王ナビへ