あいぼりー104号
2/24

 お洒落な店が多いのに、気取らず、気軽に訪れることができる吉祥寺。今日は知らない場所を開拓してみたい気分なので、駅から繁華街を抜けて住宅地まで歩いてみる。 一軒の建物のガラス越しに見えたのは、カラフルな糸。なかなか見かけない光景を不思議に思い、中をのぞいた。パリの芸術家が集うアトリエのような雰囲気が漂うこの場所は、「手織工房じょうた」。棚にはさまざまな色や素材の違う糸が並ぶ。ここでは、この中から好きな糸を選び、自分の感性で思うがままにマフラーやストールなどを織ることができる。色鮮やかな糸が組み合わさって出来上がる手織り作品には、自分の心を反映する力があるのだそう。 世界のカラフルな建物が並ぶ街は、その一軒ずつが全く違う色をしているにも関わらず、なぜかしっくりとくる街並みになっている。それと同じように、工房の個性ある作品たちにも不思議なまとまりがあり、まるで一つの作品のように見えた。 吉祥寺の住宅地で見つけた、カラフルな世界。普段何気なく歩いている町にふと異国情緒を感じ、海外旅行気分を味わう「妄想トリップ」。世界中を旅してきた旅ガール・たじはるが京王線で行く「妄想トリップ」へあなたをいざないます!インパクトのある写真を撮りたいときには、全体を写すのではなく「キリトル」ことを意識する。引きで全体を見てもそこまでカラフルに見えない景色でも、レンズを伸ばしてズームアップしてみると違った世界が見えることも多い。SPOT DATA手織工房じょうた吉祥寺工房B武蔵野市吉祥寺本町4-16-12 T☎0422・27・2595Wwww.jota28.com/旅ガール・たじはるのvol.3旅人・フォトグラファー・ライターすべてを担う新しい職業、“トラベルフォトライター”としてオリジナリティのある記事をさまざまな媒体で発信。著書に、『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)。インスタグラムアカウント @haruka_tajima も人気。TAJIHARU(たじはる)2ivory 2017 September

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る