あいぼりー105号
2/24

 人生で初めて、新代田という駅で降りてみた。この町には知る人ぞ知るディープなレストランがあると聞き、やって来たのだ。店の名前は『元祖 日の丸軒』という。俗に言う“一見さんお断り”のような店ではないのだが、初めて訪れる人は皆、店の雰囲気に慄おののくらしい。恐る恐る店のドアを開けてみると、そこにはとても日本とは思えない世界が広がっていた……。 壮大なオペラが響く店内に、真っ暗なバーカウンター。たくさんの国旗が天井から垂れ下がる様が独特のセンスを感じさせ、ブルーモスク風の壁には味のある時計が掛かっている。宇宙船のような、はたまた潜水艦のような窓も見どころだ。 ユーラシア料理店として、アジアからヨーロッパまでさまざまな国の料理を扱っているのだが、なにせユーラシアは広大なエリアなのでとにかくメニューの幅が広い! さらに、ワインなどのドリンク類も充実しているので、これまで未体験の珍しい味に出会える。 一度にたくさんの国を旅した気分になれる『元祖 日の丸軒』は、訪れた者を未知の世界へといざなう不思議な空間だった。普段何気なく歩いている町にふと異国情緒を感じ、海外旅行気分を味わう「妄想トリップ」。世界中を旅してきた旅ガール・たじはるが京王線で行く「妄想トリップ」へあなたをいざないます!SPOT DATA中級ユーラシア料理店 元祖 日の丸軒B世田谷区羽根木1-4-18 2FT☎03・3325・6190旅ガール・たじはるのvol.4旅人・フォトグラファー・ライターすべてを担う新しい職業、“トラベルフォトライター”としてオリジナリティのある記事をさまざまな媒体で発信。著書に、『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)。インスタグラムアカウント @haruka_tajima も人気。TAJIHARU(たじはる)ユニークな柄の壁が一番のフォトスポット。フラッシュをたくことで壁の質感が生っぽく写り、異国感がより増して見える。フラッシュなしであればISO※を1600くらいで手持ち撮影も可能。店の薄暗い雰囲気を残したかったらフラッシュなしがおすすめ。※ISO…デジタルカメラの画像センサーの光に対する感度の単位。数値を上げると、暗い場所でも手ブレせずに撮影できるが、上げすぎると画像の粒子が粗くなる。2ivory 2017 November

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る