あいぼりー104号
20/24

PICK UP!2018年春 座席指定列車として運行予定!新型車両「5000系」が通常列車として先行デビュー車両電気部車両計画改良担当課長 若松 茂則さん勤や外出の帰りはできれば座って帰りたい。そんな、主に長距離区間を利用される方の着席ニーズに応えるべく生まれたのが、2018年春に有料の座席指定列車として運行予定の新型車両「5000系」です。 「当社では16年ぶりとなる新型車両とあって、デザインや機能性には特にこだわりました」と話すのは、車両電気部・車両計画改良担当の若松茂則課長。 「車両正面のカラーリングには黒を用いてスマートな列車を表現。内装には“高尾山”の木々をイメージした深いブラウンと、“繊維の街・八王子”の絹糸をモチーフにしたデザインの座席を採用して上質さを演出しています。また、既存の車両に比べて座席幅を広くし、ゆったりとくつろげる空間に仕上げました」 さらに、5000系の最大の特徴は、“二刀流”の転換座席だと若松課長は話します。 「新型車両は、通常列車として運行するときはロングシート、座席指定列車のときはクロスシートと、両方に転換できる座席を搭載し、さまざまなシーンで活躍できる次世代の通勤車両を実現しました」 また、快適さを追求した設備を新たに導入したことも5000系の特徴です。 「訪日外国人のお客様も手軽にインターネットへ接続できるように、全車両に無料公衆無線LANを設置。また、空気清浄機や電源コンセント※を設置し、快適な空間を作りました。いずれも当社初の車内設備です」 新型車両は、9月29日(金)に通常列車として京王線内で営業運転をスタート。また、2018年1月には座席指定列車の愛称も発表予定です。座って帰れる座席指定列車の登場に、期待が膨らみます。通※座席指定列車時のみ使用可京王電鉄株式会社t京王お客さまセンター:042・357・6161wwww.keio.co.jp/zasekishitei/index.html通常列車時はロングシートに座席指定列車時はクロスシートに20ivory 2017 September

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る