新型車両5000系について

座席指定列車で使用する新型車両「5000系」が通常列車として先行デビュー!

2018年春に有料の座席指定列車として運行し、当社では16年ぶりとなる新型車両5000系が、9月29日から京王線内で通常列車として営業運転を開始します。

イメージ

フロント面

既存車両との違いを明確にするため、先頭車両の全長を500mm延長し、傾斜化するとともに、正面のカラーリングに黒を用いてスマートな列車を表現。

イメージ

スカート

丸みを帯びた立体的な形状に、コーポレートカラーの京王レッドで鮮やかなカラーリングを施した魅力的なデザイン。

イメージ

外板

ステンレス板をレーザー溶接でつなぎ合わせた「sustina(※)」構体を採用することで、従来の車両で見られた「つぎはぎ感」を解消し、滑らかに美しく仕上げるとともに、車体の強度を向上。

※株式会社総合車両製作所で製造される日本国内向けの軽量化構造ステンレス車両の商標です。

イメージ

行先表示器

フルカラーLEDを採用し、視認性を向上。

イメージ

前照灯

LED化するとともに、シャープな正面形状に合わせた装飾灯を採用。

イメージ

3人掛け固定座席(座席幅、ヘッドレスト、肘掛け)

座席幅を既存車両の450mmから460mm(3人掛け固定座席は450mmから505mm)に広げたほか、ヘッドレストと肘掛けを設置して座り心地を向上。

イメージ

床面

落ち着きのある木目調を採用することで上質さを演出。

イメージ

LED間接照明

調光機能により、「通常列車として運行する時は昼白色」、「座席指定列車として運行する時は落ち着いた暖色」とシーンに合わせて演出。

イメージ

袖仕切り板、妻引戸

大型ガラスを採用し、開放的な車内空間を創出。

イメージ

車両ビジョン

視認性を向上するため、ドア上・天井部(当社初)に車両ビジョンを設置。(28画面/両)

イメージ

車いすスペース・ベビーカースペース

バリアフリーに対応するため、全ての車両に車いすスペース・ベビーカースペースを設置。(腰当ての設置は当社初)

イメージ

放送装置

車内アナウンスや座席指定列車時の到着前メロディーを聞き取りやすくするため、高音質+ステレオの放送装置を設置。

安全性の向上

防犯カメラ

痴漢やテロなどの犯罪への防止対策として、全ての車両に防犯カメラを1両につき4台設置するとともに、「防犯カメラ作動中」のステッカーを各車両に掲出。

電気式側引戸システム(当社初)

ドアの挟まれによる怪我や事故を防止するため、ドアの挟まれを検知すると自動で扉が途中まで開扉し、その後閉扉するシステムを導入。

イメージ

さらなる省エネの推進

車上蓄電池システム(当社初)により、電車がブレーキをかけた際に発生する回生電力を蓄電池に充電し、電車が走行する際の電力として供給。また、停電で駅間に停車した時は、蓄電池に充電した電気を使用して、自力で走行することが可能。
そのほか、省エネ性能の高い新型VVVFインバータ制御装置を導入。

《車上蓄電池の外観》

イメージ
Back to Top